婦人科の新常識

勝手に応援けんちゃーん > 医学 > 婦人科の新常識

婦人科の新常識

婦人科の医療現場において確実に避妊ができる医薬品として低用量ピルが用いられています。医師から処方されれば、飲み始めるタイミングはいつでもよく、基本的に1日に1錠を服用します。服用を続けて、8日目以降から避妊効果が出るとされています。

 

避妊のほかに、生理痛や生理による出血を減らしたり、生理の周期を安定させる治療、子宮内膜症の治療にも用いられます。飲み始めたあとは、一部の人には副作用が出る場合があります。頭痛、吐き気、体のだるさなどです。これらの副作用は、発生したとしても数週間で落ち着きます。太るという副作用が語られることがあるようですが、これは誤解です。避妊目的での低用量ピルの処方は自費診療となります。

関連記事:ピルの分類について

 

 



関連記事

  1. 婦人科の新常識
  2. テスト