4つの種類

4つの種類

破産手続きの際ローンに関しその保証人を立てている場合には、事前にきちんと相談しておいたほうがよいでしょう。

 

強調しておきますが負債に保証人が存在するときは破産の前に少し考えておかなければなりません。

 

なぜならばみなさんが破産宣告をして免除されると、その人たちがあなたが作った借金をみんな払う義務が生じるからです。

 

やはり、自己破産手続きの前段階で保証人になってくれた人に過去の詳細や現在の状況を報告し謝罪の一つも述べなければなりません。

 

これらのことは保証人となる人の立場からすると当たり前のことです。

 

債務者のあなたが自己破産をすることで高額のローンが発生することになるのです。

 

そうなると、そのあとの保証人の考慮する選択ルート4つになります。

 

まず1つめですが、その保証人が「いっさいを返金する」という方法です。

 

あなたの保証人が数百万円の借金を問題なく返すことができるぐらいのお金を持ち合わせていればこの手段を取ることが可能でしょう。

 

しかしながら自分で自己破産せずにその保証人に立て替えてもらい、今後は保証人となる人に月々の返済していくという方法も取れると思われます。

 

保証人がもし借金をした人と良いパートナーであるのであれば、少しだけ弁済期間を延ばしてもらうこともありえます。

 

たとえ耳をそろえて返金ができなくとも業者も話し合いで分割での返済に応じるものです。

 

保証人にも破産手続き行われてしまうと貸したお金が一円も返らないことになるからです。

 

もし保証人が返済額をすべて負う財産がない場合はあなた自身とまた同じく借金の整理を選ばなくてはなりません。

 

2つめが「任意整理」による処理です。

 

貸金業者と示談する方法で5年以内くらいの時間で返済する方法になっています。

 

弁護士にお願いするときの相場は債権者1社ごとにおよそ4万円。

 

7社から負債があるとしたらおよそ28万円必要になります。

 

また債権者側との話し合いを自ら行うことも不可能ではないかもしれませんが、債務処理に関する経験も知識もない人だと債権者があなたにとってデメリットの多い条件を用意してくるので、注意が必要です。

 

任意整理を選択する場合も保証人となる人に負債を代わりに払ってもらうことを意味するわけですから、あなたもたとえ少しずつでもあなたの保証人に支払いをしていく必要があります。

 

次はあなたの保証人もあなたと同じく「自己破産を申し立てる」ということです。

 

保証人となる人も借金した人と同じように自己破産を申し立てれば、保証人である人の返済義務も返さなくて良いことになります。

 

ただし、あなたの保証人がマンション等を所有している場合はその財産を失いますし法令で資格制限のある業務に従事しているのであるならば影響は避けられません。

 

その場合、個人再生という制度を活用できます。

 

一番最後に4つめの選択肢ですが、「個人再生を利用する」ようにします。

 

マンション等を処分せず債務の整理をする場合や破産申告では資格に影響する職業に従事している方にメリットのあるのが個人再生による処理です。

 

これなら、住居する不動産は残りますし破産申し立ての場合のような職業制限、資格に影響する制限が一切ありません。

 



関連記事

  1. 最新の技術を駆使した性能の良い脱毛器は脱毛効果は大前提として
  2. 人を何度も連れて来る父親が嫌で考える
  3. 意整理による処理
  4. 「丸ごとキレイな素肌を披露したい」という女性の願い
  5. 4つの種類
  6. 一年の締めくくり
  7. テスト